静岡県学校保健研究大会
学校保健活動推進事業
健康検診関係
事業計画一覧

 

 

 【学校保健活動推進事業】

令和4年度 第51回学校保健新聞コンクール審査結果

【応募状況】
 
   
◇応募総数    22校
<内訳> ・小  学  校
児童の部 3校
教師の部 2校
  ・中  学  校
生徒の部 5校
教師の部 4校
  ・高 等 学 校
生徒の部 4校
教師の部 1校
  ・特別支援学校
生徒の部 2校
教師の部 1校
   計14校   計8校

 

【審 査】
 
 
月 日 令和4年12月9日(金)
場 所 静岡県教育委員会健康体育課内

 


【審査結果】   特選4校    入選14校

校  種 
部門
校名
小学校 児 童 入選 掛川市立東山口小学校
入選 浜松市立相生小学校
教 師 入選 伊東市立富戸小学校
中学校 生 徒 特選 浜松市立東部中学校
特選 浜松市立篠原中学校
入選 磐田市立向陽中学校
入選 磐田市立磐田第一中学校
入選 菊川市立菊川東中学校
教 師 特選 磐田市立城山中学校
特選 袋井市立袋井中学校
高等学校 生 徒 入選 静岡県立富士宮北高等学校
入選 静岡県立駿河総合高等学校
入選 静岡県立浜松北高等学校
入選 静岡県立浜松南高等学校
教 師 入選 静岡県立浜松東高等学校
特別支援学校 生 徒 入選 静岡県立沼津聴覚特別支援学校
入選 静岡県立富士特別支援学校 富士宮分校
教 師 入選 静岡県立浜松みをつくし特別支援学校

 

第44回 中学校・高等学校生徒保健委員活動発表会(オンライン開催)


 本年度もオンラインで開催しました。発表校は各学校からオンラインで実践発表を行い、パワーポイントや動画を活用するなど工夫された発表になりました。
 また、28名
の一般聴講者の方が参加してくださり、各校の発表に対して多くの質問や感想をいただきました。


1 開催日時

令和4年12月26日(月)  9:00〜12:00

2 配信会場 各発表校  (主催者配信会場:静岡県教育会館)
3 参加者
 (1)発表校 沼津市立大岡中学校    静岡県立韮山高等学校
静岡県立富士高等学校   静岡県立小笠高等学校
静岡県立科学技術高等学校(誌上発表)
 (2)参加者数 75名
発表校保健委員
33名
静岡県学校保健会役員
1名
発表校指導教員
10名
主催者(静岡県教育委員会)
2名
一般聴講者
28名
主催者(静岡県学校保健会)
1名
4 次 第
 (1)あいさつ

静岡県学校保健会 副会長  清水淳次
 (2)発 表
@ 静岡県立富士高等学校
「コロナ感染を校内で広げないために」
A 沼津市立大岡中学校
「コロナバスター 〜コロナをやっつけながら学校生活をエンジョイしよう〜」
B 静岡県立科学技術高等学校(誌上発表)
「歯と口の健康を守ろう 〜科学技術高校生徒の実態から考える〜」
C 静岡県立小笠高等学校
「ごみの削減に取り組んで 〜わたしたちにできること〜」
D 静岡県立韮山高等学校
「新型コロナウイルス感染症との向き合い方」
 (3)座談会
  テーマ
「コロナ禍における生徒保健委員活動の工夫と課題」
  参加者
静岡県立富士高等学校(佐藤 桐さん・瀧 笑子さん)
沼津市立大岡中学校(望月恒暉さん) 
静岡県立小笠高等学校(増田吏沙さん・河原崎美咲さん)
静岡県立韮山高等学校(梅原萌瑠さん・鳴海志織さん)
  司 会
静岡県教育委員会健康体育課 教育主幹  冨田宏美

 (4)指導講評

 (5)閉 会

静岡県教育委員会健康体育課 教育主幹 山口美知子

このページの先頭へ



〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6 静岡県庁8階 教育委員会健康体育課内
TEL:054-221-2929 FAX:054-273-6456
Eメールアドレス:shizuokagakkouhoken@gaea.ocn.ne.jp